暴力団追放ビデオの貸出



 栃木県暴力追放県民センターでは、暴力団追放のDVDを備え、無料で貸し出しています。
地域、職域、暴排組織の活動や企業の会議、研修会にご利用下さい。

貸出をご希望の場合は、暴追センター(028−627-2995)にお問合せ下さい。
 


番号 タイトル 時間 内容
30 不当要求・クレームの初期対応
〜効果的な“必殺ワード“と対策ポイント〜
43分 事例1:電話による不当要求への対応
事例2:インターネットによる不当要求への対応
事例3:直接面談による不当要求への対応
それぞれ再現ドラマと対応ポイント解説
31 暴力団排除
〜効果的な”必殺ワード”と対策ポイント〜
46分 1:暴対法9条25号の禁止行為「人に対し、売買等の契約の入札に一定の価格その他の条件で申し込み等を要求する行為」をドラマを通じて解説し、当該暴力団の離脱支援へと展開
2:アルバイトの勤勉な青年は暴力団員だった、会社に牙をむくも、妻と妻子を思い葛藤する姿に、社長は奔走する、関係機関とも連携し、暴力団離脱、そして就労へ
32 不当要求の見極めポイントと実践的対応テクニック
〜妓極めポイント胸実確認ポイント〜
36分 一般企業と偽った暴力団事務所の開設、建築現場への下請け参加・外国人人足の斡旋、みかじめ料・用心棒料の要求という3つの不当要求事案を暴力団からの視点で描き、暴力団の資金獲得活動の実態や暴力団がどのように入り込んでくるか分かりやすく解説、そして企業や個人が一致団結して暴力団との関係遮断に立ち上がり、やがて総力を結集した取組の様子を描いた
33 暴力団がやってきた
〜暴力団による不当要求の実態と対応要領〜
36分 一般企業と偽った暴力団事務所の開設、建築現場への下請け参加・外国人人足の斡旋、みかじめ料・用心棒料の要求という3つの不当要求事案を暴力団からの視点で描き、暴力団の資金獲得活動の実態や暴力団がどのように入り込んでくるか分かりやすく解説、そして企業や個人が一致団結して暴力団との関係遮断に立ち上がり、やがて総力を結集した取組の様子を描いた
34 暴力団排除
〜絶対に負けません〜
39分 1:チェーン店レストランを利用した反社が、後から来店した客の料理が先に提供されたことをタネに、商談が失敗したなどと言いがかりを付け詫び状を書かせるなどの不当要求事例と、弁護士によるポイントごとのアドバイス
2:上記事案の良い対応例再現
3:弁護士による法的対応例の説明
35 不当要求防止責任者の役割と講習概要 59分 1:不当要求防止責任者の役割と制度、不当要求防止責任者講習会の概要、講義内容のポイント
2:事業所内での講義ポイント
36 危機に直面してからでは遅すぎる!〜不当要求対応マニュアルの作成とその実践〜 53分 飲食・小売・金融・建設業者の現状に弁護士がアドバイスする内容
37 奴らには屈しない! 32分 ドキュメンタリー専用チャンネルの制作をしているジャーナリストが、暴力団からの不当要求に苦しむ被害者の取材等を通じて、暴力団の実態を明らかにし、暴力団排除までを、ドキュメンタリータッチで描く
38 訣別のとき
〜その男はなぜ、暴力団をやめたのか〜
35分 40代の元暴力団員が、組を離脱し更正するまでの経緯を、ある新聞記者に語り、回想していくストーリー
39 暴排の標
〜反社会的勢力を許さない社会へ〜3話構成
77分 暴力団員による企業への不当要求や発砲事件、みかじめ料の徴収等、我々の生活の安全と安心を脅かす出来事が依然として後を絶ちません、暴力団員による不当な行為と被害の防止を図るために、どう行動すれば良いのか?暴力団排除の標を示す
40 教訓
〜失敗を乗り越えて〜
36分 過去に暴力団対策を講じなかったため、倒産に追い込まれた建設会社の社長が、弟に会社を委ね再スタートさせ、過去の失敗を教訓とし、暴力団対策に力を入れ、暴力団員と対決するなど過去と現在の様子を対比して描いたもの
41 決定的瞬間!これが不当要求だ! 34分 「飲食店に対する正月用飾り物の購入要求事案」「建設会社が締結した契約相手方が暴力団関係企業と判明した事案」の2つのストーリーについて、ドキュメンタリータッチで不当要求の実態に迫り、暴力団と対峙し関係を絶つまでの行程を描いたもの
42 不当要求対策
〜絶対に負けません供
61分 1:企業対象暴力編(27分)
2:行政対象暴力編(34分)
「反社会的勢力」の不当要求にどのように対応していくのかを考えるために、悪い対応と良い対応を再現したもの
43 不当要求
〜敵を知り、己を知れば、百戦危うからず
36分

ある日突然不当要求に直面した中堅建設会社の物語 
1:事のはじまり
2:悪化する事態

3:反撃開始
4:決戦の日

44 選択
〜暴排に向けて〜
55分 1:暴力団等によるクレーム対応要領について  (27分)
2:行政対象男武力に対する対応要領について  (28分)

これ以外にも多数あります。お気軽にご相談ください。